お知らせ

【会員総合補償制度】所得補償保険についてのお知らせ

この度の「新型コロナウイルス」の撲滅、治療などに日夜多大な犠牲を払っておられる先生方に心より感謝申し上げます。

罹患した先生も何名かおられるとの報道を聞き胸を痛めております。

保険について先生方よりお問い合わせがありました。

Q: 「主治医から熱もあり、コロナウイルスの疑いもあるため一定期間自宅にて様子を見て下さいと言われ、業務を休み診断の結果”陰性”であっても、本保険は使えますか?」

A: 熱などがあり、主治医の先生の判断で数日間の自宅待機(出勤停止)を命じられた場合、”陰性“、”陽性”にかかわらず保険の対象となります。入院の場合1日目よりお支払いできます。但し、ご入院がない場合、最初の4日間は免責(お支払い出来ません)ですが、続けて休まれた期間ご契約保険金額(10~200万円)をお支払い致します。

もし、未加入の先生で「所得補償保険」にご関心のある先生は、以下お問い合わせフォームよりお名前、ご連絡先、ご出身大学等をお知らせいただければ、「所得補償保険」の資料をお送り致します。

この他にも、コロナウイルス等の流行病や感染症のリスクに対応した保険の活用に関しまして、ご相談や不明な点等ございましたらぜひ、お気軽にお問い合わせください。

末筆になりましたが、1日も早く正常の医療業務に戻れますことを心より祈念しております。

2020年4月作成: 20-T00693
所得補償保険に関するお問い合わせ・資料請求
phone0475-23-8442


お知らせ一覧へ