サイバープロテクター

(サイバー保険)
初動対応から

復旧・再発防止にかかる
費用まで補償

サイバープロテクターとは

引受保険会社
三井住友海上火災保険株式会社

サイバー攻撃により
生じ得る様々な損害を補償

近年、扱う個人情報が多い病院様・企業様が海外から不正アクセスやサイバー攻撃を受けるケースが急速に増加し、サイバーセキュリティ対策が喫緊の課題となっております。サイバー攻撃が「犯罪ビジネス」と化していることから、既存のシステムの脆弱性を突く新しい攻撃方法が日々生み出されています。
このような状況下では、セキュリティ対策を実施しているとしても、リスクをゼロにすることは不可能です。万が一、サイバー被害に遭遇した場合、多額の費用が発生する可能性があります。
そこで注目されているのが、サイバーリスクに備えた三井住友海上社のサイバー保険「サイバープロテクター」です。こちらの保険は、サイバー攻撃を受けた可能性を検知してから、再発防止策の実施まで、すなわちサイバー事故が発生した場合の最初の対応から最後の対応まで幅広くカバーします。経営者様はもとより、システムご担当者様にとりましても、ご安心いただけるものと確信しております。

多様な補償(ワイドプランの場合)

この保険には病院・企業がサイバー攻撃に対処する際に必要とされる以下のような多様な補償が備わっています。
  • サイバー攻撃等に起因する賠償損害を補償
  • 事故発生時に対策を講じた場合の費用損害も補償
  • サイバー攻撃等で自社システムが停止し、営業が休止または阻害された場合の利益損害も補償(オプション)

これらの機能により
迅速な復旧、
事業活動の継続、再発防止
の実現を可能とします

1. サイバー攻撃等に起因する賠償損害を補償
  • 他人の情報の漏えいまたはそのおそれが生じ、その被害者から損害賠償請求された場合の補償
  • 他人の業務を阻害し、利益喪失が生じた等として損害賠償請求をされた場合の補償
2. 事故発生時に対策を講じた場合の費用損害も補償
  • 各調査の実施に始まり、復旧調査、専門家への相談・委託等、被害者への対応、そして再発防止に関する費用損害についての補償
3. サイバー攻撃等で自社システムが停止し、営業が休止または阻害された場合の利益損害も補償(オプション)
  • コンピュータシステムの中断による貴院の利益損失・営業継続費用についての補償

保険料について

下記は、ワイドプランでの年間保険料例です。
診療所・クリニック 年間保険料例(一時払い、免責金額なし)
  補償内容

売上高
賠償損害 支払限度額 費用損害 支払限度額 利益損害 支払限度額 保険料
利益損害補償特約 セットしない 利益損害補償特約 セットする
5億円 1億円 3,000万円 5,000万円 289,920円 612,530円
20億円 2億円 3,000万円 1億円 488,270円 1,754,360円
※上記の保険料は、年間保険料の一例です。実際の保険料は、病院・会社の売上高、業種、支払限度額、免責金額、セキュリティ対策の実施状況等によるリスク評価などを勘案し算出されます。セキュリティ対策の実施状況に応じて最大60%の割引が可能です。詳しくは下記「お問い合わせ・資料請求フォーム」ボタンよりお問い合わせください。
このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、
必ず「重要事項説明書」や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。
サイバー保険に関するお問い合わせ・資料請求
phone0475-23-8442