個人の医師(勤務医・開業医)向け
コンサルティング ポイント04

保険料を
合理化できますか?

家族構成や勤務形態の変化など、ライフプランの変化に応じて必要な保障(補償)内容や金額も変化します。そのため、定期的に保険契約を見直し、保険料を合理化するようお勧めいたします。

保険の見直しを考える
タイミングは
いつが良いですか?

「保険料が家計の負担になってきた」というように根本的に保険を組み替えたいときもありますが、次のような人生の節目を迎えるときには、是非とも保険契約の見直しを行うようお勧めいたします。

  • 結婚するとき
  • 子供が生まれるとき
  • マイホームを購入するとき
  • 開業するとき
  • 親を扶養することになったとき

また、「5年に1回見直す」「更新タイプであれば更新前に見直す」など、自分でルールを決めて定期的に見直しを行うのも良い方法です。

保険の見直しを行うには、
どのようなポイントに
注意したらよいですか?

ライフプランが変化するにつれて、必要な保険の保障(補償)内容や金額は変わってきます。ここでは、保険見直しの幾つかのポイントをご紹介します。

保険の保障(補償)内容

結婚や出産など、家族が増えればそれに応じた保障(補償)額が必要になります。ライフプランの変化に伴って適切な保障(補償)内容や金額が設定されているかどうか確認してみる必要があるでしょう。

加えて、ある程度の年齢になったのであれば、若いときには入っていなかったガン保険など、年齢とともにリスクが高くなる部分を保険でカバーする必要もあるでしょう。

逆に、勧められるまま保険に加入し、必要保障(補償)額を超えて重複してしまっていることがあるかもしれません。例えば、子供が独立すれば、教育費のための保障(補償)は不要になっているはずです。

つまり、適切な保障(補償)額も年を経るにつれて変わっていきます。保険の保障(補償)内容が最適か見直してみるようお勧めいたします。

保険料

保険料も見直しの重要なポイントです。

新しい保険会社、新しい保険商品が次から次へと登場しています。

加えて、5年もの、10年ものなどの更新タイプの保険を契約している場合には、更新時の年齢によっては終身タイプに切り替えた方がトータル的な保険料を安く抑えることができる場合もあります。

さらには、年齢に伴って経済力も向上し、以前は無理だと思っていた保険料であっても、今では十分まかなえるようになっている場合もあります。

保険の見直しとは、単に保険料を節約するということではなく、本当に必要な保障(補償)を適切な保険料で手に入れることにあります。

コンサルティングを依頼する
メリットはどこにありますか?

すでに上で述べたように、保険にはいくつか入っているものの、家族構成の変化や勤務形態の変化などによって必ずしも適切な保険に入っていない。その保険が不要となっているにもかかわらず、無駄な出費を続けている。勧められるままに生命保険に加入し、10年後、同じ保障を続けるには倍の保険料が必要と言われ、こんなはずじゃなかったのに…。こうした話を聞いたことがありますか。聞いたとしても、忙しくてじっくり考える暇もない、という方がほとんどでしょうか。

私たちは、医療従事者に対するリスクマネジメントのエキスパートとして、次のような観点で保険の適切化をお手伝いします。

  • すべてのリスクを洗い出し、保険の手当てを行うことで「安心」をご提供します。
  • 無駄な保険料を省き、コストパフォーマンスの高い納得感のある保険プランをご提供します。

皆様に適切なアドバイスをすることによってリスクを回避していただくだけでなく、ご自分の保険に満足していただけるようサポートしたいと考えています。皆様の保険の定期検診と定期的な「治療」を行う保険のパートナー、それが私たちパイオニアです。

ご連絡いただければ信頼できる担当者が皆様のご相談を承ります。保険のコンサルティングは無料です。

個人の医師(勤務医・開業医)向けTOPに戻る

医療分野における経験豊富なリスクマネージャーが、
丁寧なコンサルティングに基づいた補償プランをご提案いたします。

個人の医師(勤務医・開業医)向け
保険コンサルティングに関する
お問い合わせ・資料請求
phone0475-23-8442